カードローンの限度額と、利用者の信頼度。

出来るだけ多くのお金を借りたいといった場合は、カードローンの限度額は重要なポイントとなります。

テレビのCM等でよく見聞きしている、最高限度額がいくらと謳っているのはあくまでも最高限度額であり利用者の限度額ではないので解釈に注意が必要です。

限度額を重視し銀行を選ぶ際のポイントは主に2つあります。

それは、最高限度額が高い銀行と限度額に応じた利率が低い銀行です。

長期利用やおまとめローンで借金を一本化したいという方が非常に多い傾向がある為、なるべく高い限度額を希望される方も少なくありません。

限度額に応じた利率が低い銀行は2つあります。

それは、オリックス銀行カードローンと三井住友銀行カードローンです。

審査に通過すれば新規利用者だとしても150万円前後の限度額を設定して貰える可能性があります。

消費者金融に比べて高い限度額が銀行カードローンの魅力の1つと言えますが、それはあくまでも申し込み者のステータスや信用情報によって決定します。

限度額は、申し込み者の信頼性や収入の安定性を基準に判断されます。

しかし、信頼性や安定性だけでは一つの物差しで判断できる程単純なものではないので幾つもの要素も含めて総合的に判断されます。

中でも重要なのが、収入や職業や勤続年数や他社借入履歴や借入状況です。

限度額は審査で決定されるものであり、限度額を上げる申請を考えるとすれば再度審査に望むくらいの覚悟などが必要となります。

それは、心掛け次第では限度額を上げることが可能ですがその為にはある程度の信頼と実績を時間を掛けて積む重ねる必要があるので非常に忍耐力なども必要となるからです。