消費税が高くて買うのを控える

消費税が増税されてから、ますます買い物が大変になりました。それまでは税金が5%でしたので、100円で5円、1,000円で50円でした。それが8%になり、1,000円で80円になり、5,000円で400円の税金になります。額が大きくなればなるほど、その税金の額は高くなります。250円の消費税と400円の消費税は、その数字を見ただけで買う意欲が失せてしまうのです。

ネットショッピングをする時には、合計額のその下に消費税が大きく表示されるのですが、その数字を見ては買う意欲が無くなってきます。その数字を見ては「高いなあ」と思ってしまうのです。高いなあと感じると、次回に買おうと買うのを辞めてしまいます。お金がない時はプロミスの審査がおすすめ

その消費税が高くなってからは服を買うのも控えました。なるべくずっと着ようと考えています。ちょくちょく洗うと生地が傷むので、何日か着ては洗う回数を減らしています。そのおかげで、洗剤も少なくて済みますし、水道代も低くなりました。

洗濯機を回す回数も減ったので、電気代も減りました。又、髪を洗う回数を減らしたことで、シャンプー代や水道代なども低くなりました。

2日ほど着ても服はそんなに臭くないですし、頭も痒くならないです。そう考えれば、節約は良いなと思います。

カードローンの審査基準と通過する方法

カードローンの審査基準は、年収・勤続年数・勤務先・勤務形態・他社からの借金の額、個人信用情報などが重要ポイントとされているようです。具体的な審査基準の内容は金融機関によって異なり、原則として非公開とされています。つまり、審査に落ちてもなぜ落ちたのかという理由は教えてもらえません。自分で考えてみて、致命的な理由がなければ他の金融機関に申し込めば通る可能性はあります。

致命的な理由とは、他社からの借金の額が多すぎるとか、個人信用情報がブラックになっているなどです。近年ではアルバイトや派遣でも一定の収入があれば融資可能としている金融機関も多いので、年収や勤務先が致命的な理由になることは少ないようです。

審査に通過する方法としては、他に借金がある場合は完済して、借金をなくす・減らすことです。カードローンやクレジットカードをたくさん持っている人は、その限度額も借金としてみなされることもあるらしいので、解約して整理するといいでしょう。

問題は、個人信用情報がブラックな場合です。過去にクレジットカードを3ヶ月以上延滞したことがある人は、ブラックとなっていて、審査に通過することは難しいです。ブラックの情報はおよそ5年間は消えないので、5年経つのを待つか、消費者金融などの審査が比較的ゆるいとされている金融機関に申し込むといいかもしれません。